準備も後処理も簡単、
気持ちよく使えます。

ポータブルトイレ使用時のお悩み

  • ポータブルトイレの洗浄が大変で洗う場所がない。
  • 排泄の処理に時間がかかる。
  • 感染が不安で、安心して介護ができない。
  • ポータブルトイレの受バケツにニオイがついてしまう。
  • ポータブルトイレから洗浄場所まで遠く、持ち運びが大変。
  • いろいろな消臭剤を試してみたが、ニオイが部屋に籠もってしまう。
下矢印

もう、悩まないで大丈夫!

トイレ処理袋 ワンズケアの広げた画像

トイレ処理袋「ワンズケア」のメリット

  • 袋と抗菌ポリマー入り吸収シートが一体化し、セットも後処理も簡単
  • 袋のサイズがポータブルトイレの受けバケツにジャストフィット
  • 中身が透けにくいオレンジ色で気持ちよく使える
  • 使用後は紙おむつ同様に可燃ゴミとして処理できます
    (※自治体は紙おむつ同様に可燃ゴミとして処理できます)
  • 万一の漏れを防ぐダブルヒートシールで安心加工
  • 白い吸収シートで健康状態の排泄物の色確認が容易
  • 抗菌ポリマー入り吸収シートの前面が長く、尿のはね返りを防止
  • 排泄物からの感染軽減に

商品の特徴

中身が目立ちにくいオレンジ色。ミシン目から切り取って結び紐になります。前側シートが長くなって安心。ヒートシール(尿だまり防止加工)袋の両端にし尿がたまりません。

1枚あたりの回数:尿が多めの人4回分、尿が少なめの人6回分。 ポリマーが水分を吸収する図
トイレ処理袋見本画像
30枚入りポータブルトイレ用トイレ処理袋ワンズケア

パッケージと仕様

内容:トイレ処理袋 ワンズケア 30枚入
パッケージサイズ:横280x縦310x高さ120mm
重量:約1.8kg
カートンサイズ:横561x縦310x高さ517mm
入数:8セット
重量:約15.5kg
定価:3,900円(税別)/1セット

ご使用方法

ご使用方法はとても簡単。排泄後のバケツを洗う手間が省けます。

①袋を広げて受バケツにかぶせます。
②トイレ本体に受バケツを戻します。
③便座を下ろして準備完了です。
④使用後は受バケツを取り出し、袋を外します。
⑤袋上部のキリトリ線に沿って切り離すと結びヒモができます。
⑥ヒモでしっかりと袋を結び、紙オムツと同様に処理できます。

動画で特徴と使用方法を見る

トイレ処理袋と除菌・消臭フォーム

ポータブル トイレ処理袋 ワンズケアと除菌・消臭フォームの画像

ワンズケアと除菌・消臭フォームを併用していただくことで、衛生面とニオイを大きく軽減します。

①受バケツにワンズケアをセットします。②排泄します。③除菌・消臭フォームを噴泡すると排泄物が隠れます。④72時間経過していますが、 泡は十分残っています。

排泄ケアの手間とコスト比較

排泄ケアの手間とコスト比較イラスト

商品比較

  トイレ処理袋ワンズケア サニタクリーンワンズケア
ポータブルトイレで使用する
吸水量が多い物が良い
尿が多めの人:排尿4回分、尿が少なめの人:排尿6回分

尿が多めの人:排尿4回分、尿が少なめの人:排尿1~3回分
価格が安いものが良い
1枚当たり:約130円

1枚当たり:約150円
中身を見られたくない
袋の色:黄色

袋の色:白
排泄物からの
感染軽減ができる
団体向けの物を探している
240枚入りセットがお勧めです。
災害用として備蓄しやすい
袋が洋式便座に、かぶりません!

袋が洋式便座に、かぶります!
オ・サンポレットに使える ×
袋が便座に、かぶりません!

袋が便座に、かぶります!

サニタクリーンワンズケアはこちら

トイレ処理袋ワンズケアQ&A

Q.サニタクリーンワンズケアとの違いを教えてください。

トイレ処理袋ワンズケアとサニタクリーンワンズケアの違いを表にまとめました。
こちらをご覧ください。

Q.トイレ処理袋ワンズケアの吸収量(回数)を教えてください。

小便 少ない方:約4回分 多い方:約6回分

Q.大便時の対処方法・捨て方を教えてください。

出来るだけトイレに流してから、袋を結んで捨てて下さい。

Q.消臭効果はどの程度ですか?

シートで吸収した水分に関しては、臭いも閉じ込めてしまいますが、大便の場合は、そのまま臭いの元になってしまいますので、除菌消臭フォームを併用するか、袋を都度交換するようにしてください。

Q.捨て方を教えてください。

紙おむつと同様に、お住まいの地域の自治体の指示に従って処分してください。
便袋の素材は、紙おむつと同様の素材を使用しており、焼却処理をしても塩素系の有毒ガスは発生しません。
(焼却試験済み。)