閉じる

お問い合わせ先をご選択ください

弊社に関わるお問い合わせ全般

サニタクリーン
便袋ヒストリー

弊社の主力商品である「サニタクリーン便袋」の歴史をご紹介いたします。

災害対策分野

1995年4月発売

阪神淡路大震災でのトイレパニックの調査をきっかけに、災害時のトイレ環境と質の向上を目的とした災害対策用トイレの開発を開始。
ブルークイン凝固剤+炭カルごみ袋
阪神・淡路大震災直後の携帯トイレ 凝固剤タイプ

1995年11月発売

クインバック(バッグ)の名称へ

携帯トイレは、当初、凝固剤と袋の組合せで商品化しましたが、凝固剤を開ける際にこぼす可能性、間違って子供が舐めてしまう可能性、清掃局からの収集車内での破裂飛散する可能性などを考慮し、業界初の吸収シート式に変更。
薄ブルー炭カル袋にセンベイ状の吸収シートが1枚封入

1996年2月発売

クインバック(バッグ)

半透明炭カル袋にセンベイ状の紙シートが2枚封入
介護用処理袋としても併売。

1998年3月発売

サニタクリーン便袋に名称変更

W330mmのシートが2つ折りで入っているガゼットタイプ炭カル袋

1998年6月発売

サニタクリーン便袋

使用手順を減らし、誰もが容易に使えるように吸収シートと袋を一体化させ、袋を開くだけで使えるよう改良。また、コシのある素材のため、便器が無くても袋を折り返しただけで、簡易的な和式トイレとしても使えるように改良。(特許、実用新案取得)
30%炭カル袋 誘導ヒートシール加工登場

1998年10月発売

NEWサニタクリーン便袋に名称変更
キリトリ線印刷を実線に変更

1999年8月発売

NEWサニタクリーン便袋

キリトリ線印刷が点線に戻る

2000年9月発売

NEWサニタクリーン便袋

印刷表示内容が刷新。
多用途向けに使用説明文を展開し、書体は明朝体に変更

2001年9月発売

NEWサニタクリーン便袋

シート幅を330mm→300mmに変更
使用説明文を角ゴシックに変更

2007年5月発売

NEWサニタクリーン便袋

燃焼ガス試験認定済に変更
介護用処理袋としても併売。

2010年4月発売

NEWサニタクリーン便袋

注意書き追加変更
介護用処理袋としても併売。

2012年4月発売

NEWサニタクリーン便袋

外国人が被災されてもすぐに使えるよう袋の使用説明文に英文併記採用
保管中に万が一の漏れを無くすためにWヒートシール加工に変更(実用新案取得)
介護用処理袋としても併売。

2019年4月発売

NEWサニタクリーン便袋

英文併記採用 環境配慮の役目を終えた炭酸カルシウム混入を廃止。
Wヒートシール加工

2018年8月発売

サニタクリーン携帯トイレ(便袋)

内容物の透過防止のために濃紺色を採用
グローバリゼーションの観点から使用方法を解りやすいアイコンで表記し、一部8ヵ国語で説明。日本トイレ大賞受賞を表示 羽田空港にて採用

2020年4月発売

サニタクリーン携帯トイレ(便袋)

使用方法を解りやすい大きさのアイコンで表記し、一部8ヵ国語で説明
日本トイレ大賞マーク表示
介護用処理袋としても併売。

2021年4月発売

携帯トイレECOサニタクリーン

脱プラに対応して防災用として業界初のバイオプラ30%混入
内容物の透過防止のために濃緑色を採用
使用方法を解りやすいアイコンと一部8ヵ国語で説明

医療・介護分野

1996年2月発売

クインバック(バッグ)

半透明炭カル袋にセンベイ状の紙シートが2枚封入
防災用と共に介護用処理袋としても併売。

2002年4月発売

サニタクリーンケア

ツヤありの緑色軟質ポリエチレン袋
平時において大便はトイレに流すという紙おむつと同様の処理の基本があり、吸収シートと一体構造のため、誤って下水に凝固剤を流して詰まらせたり汚染したりという心配がない。

2004年1月発売

サニタクリーンケア

炭カル入 濃緑高密度ポリエチレン袋

2007年5月発売

NEWサニタクリーン便袋

燃焼ガス試験認定済に変更
防災用と共に介護用処理袋としても併売。

2010年4月発売

NEWサニタクリーン便袋

注意書き追加変更
防災用と共に介護用処理袋としても併売。

2012年4月発売

NEWサニタクリーン便袋

外国人が被災されてもすぐに使えるよう袋の使用説明文に英文併記採用
保管中に万が一の漏れを無くすためにWヒートシール加工に変更(実用新案取得)
防災用と共に介護用処理袋としても併売。

2014年4月発売

ワンズケア トイレ処理袋

ポータブルトイレの受けバケツにジャストフィットサイズの幅550mm
Wヒートシール+白ティッシュシートでし尿が透けにくいオレンジ色

2020年4月発売

サニタクリーン携帯トイレ(便袋)

使用方法を解りやすい大きさのアイコンで表記し、一部8ヵ国語で説明
日本トイレ大賞マーク表示
防災用と共に介護用処理袋としても併売。

2020年4月発売

ワンズケア トイレ処理袋

Wヒートシール+シートが垂れ下がらない
白ティッシュシート
し尿が透けにくいオレンジ色は継続
他人に見られたくない「トイレ」という表記を排除して簡素印刷に変更

2020年6月発売

ワンズケア 長時間用トイレ処理袋

吸収量を大幅増量
Wヒートシール+シートが垂れ下がらない
底部シール加工追加+大吸収量シート
白ティッシュシート
し尿の透けにくさを引き継いだクリーム色
表記を必要最小限の簡素化

環境分野

2000年4月発売

環境保全 NEWサニタクリーン便袋

ツヤありの緑色軟質ポリエチレン袋
世界自然遺産や国立公園などで利用される。

2003年6月発売

環境保全 NEWサニタクリーン便袋

炭カル入 濃緑高密度ポリエチレン袋

2012年11月発売

環境保全 NEWサニタクリーン便袋

炭カル入 緑高密度ポリエチレン袋

2013年8月発売

環境保全 NEWサニタクリーン便袋

外国人登山者に合わせた英文併記採用
万が一の漏れにも対応できるWヒートシール加工

2015年4月発売

環境保全 ECOサニタクリーン便袋

バイオマスプラ30%混入 炭カル入
緑高密度ポリエチレン袋 グローバル化に合わせた8か国語併記に変更。
万が一の漏れにも対応できるWヒートシール加工

2019年4月発売

携帯トイレ ECOサニタクリーン 

バイオマスプラ30%混入 環境配慮の役目を終えた炭カル混入を廃止
緑高密度ポリエチレン袋  8か国語 + Wヒートシール

長距離トラックや電車の運転手の緊急用トイレとしても活用されています。
また、車酔いの嘔吐用やバーベキュー後の油や残り物の処理用としてなど様々な形で活用されています。

お客様サポート

商品や弊社についてお問い合わせは

お電話でのお問い合せをご希望の方

0120-980-329

受付時間:月~金(9:30〜17:00)※祝日除く

ホームページでの
お問い合わせをご希望の方